同じ組織にいた時

チャーハンで来た。

番犬4年目のクリスマスのその後

番犬4年目のクリスマス

(あれからもう4年ー・・・か。早えな)12月中旬。冷たい風が吹き荒ぶ中、辺りは近日に控えたクリスマスに備え眩く彩られている。そのムードに誘われてか、寒さの為か、日曜の街中に散らばるカップル達はいつもより密着し、浮かれ立っている様子が窺えた。彼…

家族になりたい27

・数年後・日本で無い、南国のような場所・澄み渡る青空の下・祭壇の上でウェディングドレスを着て、頬を赤らめ潤んだ瞳で微笑む譲と、真っ白なタキシードを着て微笑む薫が向かい合っている・ウェディングドレスは薫が獄中にデザインしたものと同じだ・薫が…

家族になりたい26

・事件からかなり時間が経過して・なんちゃっ亭の店内にて、伸びた髪を後ろに結いて元気に働く譲の姿があった譲「炒飯粥一丁‼︎」親父「あいよー‼︎」・テキパキと要領よく注文をとり、料理を運ぶ譲・相変わらず幼い顔立ちだが、以前より大人びた表情になって…

家族になりたい25

親父「!」・親父が側で倒れている麗の顔を見て何かに気づく麗「う・・・」・麗は微かに息をしていた親父「おーい!!!麗さん!!!しっかりしてくれ!!!おおおおおおおおおい!!!」・麗の横に屈み込むと、親父は彼の耳元で大声で呼び始めた麗「うう・…

家族になりたい24

猪瀬「あーこの絵久しぶりだ超勃ってきた〜☆・・・どうした早くしろ」・自分の下腹部をパンパンと叩いて示す猪瀬・狂気を携えながら、愉快そうに自分の前に屈み込んでいる薫を見下ろしていた薫「・・・・・・」・薫は足元に散らばる薬を前に躊躇していた・し…