家族になりたい

どんなバイトもすぐクビになってしまう、超ドジな主人公夕崎譲(20)。 ボロアパートも追い出され、茫然自失で彷徨い込んだ森の中で、手負いの美しい青年、紫川薫と出会う。 追っ手に殺されそうになっていた彼を咄嗟に庇い、気を失う譲。 目が覚めるとそこは薫の経営する高級ホテルの一室だった。 しかし薫は庇われた事に礼を言うどころか、素寒貧で森に居たのは譲に自殺願望があるかるからで、助けられた覚えも無いと言う。更に見られてはいけないものを見られてもなお生かしておくのは譲が自分の好みだからだと迫ってきてー・・・!?障害を乗り越えて、2人が本当の家族になるまでの物語。BL。

同じ組織にいた時

チャーハンで来た。

番犬4年目のクリスマスのその後

番犬4年目のクリスマス

(あれからもう4年ー・・・か。早えな)12月中旬。冷たい風が吹き荒ぶ中、辺りは近日に控えたクリスマスに備え眩く彩られている。そのムードに誘われてか、寒さの為か、日曜の街中に散らばるカップル達はいつもより密着し、浮かれ立っている様子が窺えた。彼…

家族になりたい27

・数年後・日本で無い、南国のような場所・澄み渡る青空の下・祭壇の上でウェディングドレスを着て、頬を赤らめ潤んだ瞳で微笑む譲と、真っ白なタキシードを着て微笑む薫が向かい合っている・ウェディングドレスは薫が獄中にデザインしたものと同じだ・薫が…

家族になりたい26

・事件からかなり時間が経過して・なんちゃっ亭の店内にて、伸びた髪を後ろに結いて元気に働く譲の姿があった譲「炒飯粥一丁‼︎」親父「あいよー‼︎」・テキパキと要領よく注文をとり、料理を運ぶ譲・相変わらず幼い顔立ちだが、以前より大人びた表情になって…

家族になりたい25

親父「!」・親父が側で倒れている麗の顔を見て何かに気づく麗「う・・・」・麗は微かに息をしていた親父「おーい!!!麗さん!!!しっかりしてくれ!!!おおおおおおおおおい!!!」・麗の横に屈み込むと、親父は彼の耳元で大声で呼び始めた麗「うう・…

家族になりたい24

猪瀬「あーこの絵久しぶりだ超勃ってきた〜☆・・・どうした早くしろ」・自分の下腹部をパンパンと叩いて示す猪瀬・狂気を携えながら、愉快そうに自分の前に屈み込んでいる薫を見下ろしていた薫「・・・・・・」・薫は足元に散らばる薬を前に躊躇していた・し…

家族になりたい23

猪瀬「ちっ・・・目が回ってきやがった」・猪瀬はロビーのフロント台の中に身を隠していた・薫に切り裂かれた腹の傷は深く、多量の出血がとまらない猪瀬「・・・・・・」・手に持っていた拳銃のマガジンを開けて弾数を確認する猪瀬・銃弾はあと2発しか無い・…

家族になりたい22

猪瀬「次は足だ」・片膝をついてしゃがみこむ薫の腿に銃口を向ける猪瀬・しかし薫はわずかに後退り、放たれた銃弾をギリギリで躱す・左の腿に装着してあるホルダーからナイフを取り出すと、低姿勢のまま猪瀬に飛びかかり足を狙って攻撃を繰り出した猪瀬「お…

家族になりたい21

譲「(薫ー・・・)」・夜遅く・ラーメン屋は閉店し2人で締め作業を行う譲と親父・譲は薫に思いを馳せながら台布巾でテーブルをふきふきしていた・その時閉店の札を下げてあるはずの扉を誰かが開ける音がして、咄嗟に親父が声をかけた親父「すんません、もう…

家族になりたい20

・夕方のホテル・厨房にて、大きな荷物をまとめて去っていく料理長を見送る従業員達の姿・いつも通り優雅にホテルで時間を過ごす客達・他の従業員達も同じように働いている。だが皆の胸の内ポケットには拳銃が仕込んであった・出入り口もボーイ以外に数名の…

家族になりたい19

・早朝、ホテルの管理室にて・眼鏡をかけて椅子に座り、パソコンのキーボードを無表情でカタカタと打ち込んでいる薫・すぐ側で従業員一同が何やら複雑な表情を浮かべて、お互いに目配せをしたりしていた薫「・・・・・・」従業員1「そうですか・・・もう譲さ…

家族になりたい18

?「らっしゃーい、へいまいどー!!はーい、一丁上がり!!どーもー」・威勢の良い男の声やガラガラと扉を開け閉めする音が聞こえてくる・その音で眉を顰めながらゆっくりと目を開ける譲譲「・・・・(ここは?)」・木造の決して綺麗とは言えない天井裏の…

家族になりたい17

・ホテルの防犯室にて、装備を取り外す薫とそれを取り囲む従業員達薫「ちっ。あのクズ、逃げ足が速いのと悪運が強いのは相変わらずだな」・猪瀬を取り逃がし苛立っている様子の薫従業員1「ホテルの周りを調査してみましたが、奴らが張っていた跡がありました…

家族になりたい16

・薄暗いどこかの車庫の中・譲を攫ってきた黒いバンもそこに駐めてある・壁際には猟銃や斧がかけられていて物騒だ譲「・・・・・・」・後ろ手にロープで縛られ、両膝を地面につけて座らせられている譲・そんな譲を、パイプ椅子に座る猪瀬と、部下の男達数名…

家族になりたい15

・管理室にて・コンコンとドアを叩く音がする麗「失礼します」薫「ああ」・机作業をする薫の元へ麗が入ってきた・眼鏡をかけて大量の書類を前にペンで何かを書き込んでいる薫・作業を妨げないように優しくドアを閉める麗麗「・・・・・・」薫「・・・・・・…

家族になりたい14

・その後も譲と従業員達の関係は良好だった・以前よりも打ち解けて皆んなと接し働く譲・そしてただの仲間以上に、改めて薫の恋人として認められ、尊重され大切にされていた譲「(皆んなに受け入れられて、嬉しい。だけど、本当にこれでいのか・・・?)」・…

家族になりたい13

・レストランの厨房の中譲「(どうしよう・・・昨日はついカーッとなっちゃったけど、俺のせいで争いが起きたら)」・ぼーっとした様子で皿洗いをしている譲・譲の脳裏には昨晩の薫とのやりとりが思い返されていたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

家族になりたい12

・外はすっかり日が沈んだ後・煙突がいくつも並ぶ大きな工場・その工場の一室。厳重に鍵がかけられ、扉にはゴツい体型の見張り番が立っている・部屋全体にスチール製のテーブルが並べられていて、その上には、拳銃やナイフ、ロケットランチャーまでありとあ…

家族になりたい11

譲「はーっ。終始気まずい雰囲気だったなー今日は何分で部屋に辿り着くかなー」・夕刻、仕事上がりの譲はホテルのロビー辺りを彷徨いていた・すると譲の横を、従業員に連れられたベネチアンマスクをつけた初老の男女一組がすれ違った譲「・・・?(仮装パー…

家族になりたい10

・朝、譲が眠そうに目を擦りながらホテルの部屋から出てくる・するとドアを出てすぐ横で、壁にもたれ、腕や足を組みながら立っている麗がいた譲「あ、麗さん・・・おはよう」麗「まだ生きていましたか」譲「っ」・麗は口を開くと非常に冷たい声音でそう言い…

家族になりたい9

薫「・・・・・・」譲「ぐすっ・・・」・ホテルの壁際に置いてある洋風のソファ・そのソファと自販機との間でうずくまり、グスグスと泣いている譲を冷めた目で見下ろす薫・譲は泣きながら捨てられた子犬のような目で薫を見上げている薫「・・・そんなところ…

家族になりたい8

譲「はあ〜昨日は楽しかったなー」・いつもの部屋のベッドの上でゴロゴロしながら、昨日薫と撮った写真を幸せそうな顔で見ている譲譲「住む場所もあって、仕事もあって、美味しいもの食べて、恋人もいて今人生で一番充実してる・・・」・譲は充足感に浸りな…

家族になりたい7

譲「わーーっかわいいーっ」・色とりどりのイルミネーションと、可愛いマスコットキャラで埋め尽くされた館内を感嘆した様子で眺める譲・子供の様に落ち着きなくくるくると動き回る薫「お前、こう言うのが趣味なのか。まあ、似合ってるが」・売店にあったキ…

家族になりたい6

・翌朝、厨房にて譲が元気よく他の従業員と一緒に皿を運んでいる・別人のようにまともに働く譲を驚いた表情で眺める麗と従業員たち麗「さすがは紫川さんだ(こいつだけは無理だと思ったんだけど)」・薫の指導力を再認識し、腕を組み誇らし気にする麗料理長…

家族になりたい5

・辺りが暗くなった頃、ホテルのフロントは先ほどよりも客で賑わっている・天井に吊るされたシャンデリアの輝きがより鮮明になっている・ホテルの管理室 ・そのドアがいきなりガチャっと開く・麗・調理長・清掃員・ボーイ・その他数名「「紫川さあああーーー…

家族になりたい4

・ホテル内のレストランにて譲「おいしーーーーーっ」麗「よかったですね」・キラキラと輝く綺麗な食器に盛られた豪華なエビフライ定食を、幸せそうな顔で頬張る譲。横のメロンソーダフロートすらもなんだか上品だ・はしゃぐ譲の向かいの席で、冷めた様子で…

家族になりたい3

※紫川→薫・ジャッっと誰かが勢いよく部屋のカーテンを開ける。譲「う・・・ん」・その音と窓から差し込む太陽の光に、眠っている譲が眩しそうにうっすらと目を開ける。?「いいかげんに起きてください。紫川さんが可愛がっても俺は甘やかしませんよ」・刺々…

家族になりたい2

・眠っている譲の意識の中譲「(俺・・・どうなったんだ・・・)」・ぼんやりと思考が浮かんでくる譲「(森の中で迷って、あの熊みたいに怖くてデカい人に会ってーーよくわからないけど撃たれそうになってたから咄嗟に庇ってー・・それから・・・)」・譲は…